2016.01.26

不動産用語Part115

 今日の不動産用語♪


・持ち分
不動産を複数の人が所有する「共有」において、共有物全体に対する「各共有者が持つ権利の割合」のこと。例えば「4000万円の一戸建て住宅を夫が3000万円、妻が1000万円を負担して建設した場合、夫の持ち分は4分の3、妻の持ち分は4分の1」というように使ったり、「(マンション)管理組合の議決権は、専有部分の持ち分比率に応じて決める」などと使う。

・モデルハウス
販売促進やPRのために、住宅展示場などに住宅メーカーが建てた自社の製品(住宅)のこと。分譲地内に建てた住宅の1つをモデルハウスとして公開することもある。 対して、マンションなどの集合住宅では、「モデルルーム」と呼んでいる。

・モデルルーム
不動産会社などが分譲マンションの販売促進のために、完成に先立ってマンションの敷地内や現地近くに建築する「住戸の見本」のこと。主に室内の間取りや設備、仕様を見せることに重点が置かれ、実際に販売する住戸の中から1タイプか2タイプを選んで造られる。マンションが完成した後に一つの住戸を棟内モデルルームとして公開することもある。モデルルームを造らず、住戸の一部や素材を展示するだけのサンプルルームを造ることもある。

・盛土
斜面地などを造成して宅地にする際に、土を盛って水平な敷地を造ること。もとの地盤と盛土部分の境目は、地盤の硬さに差が出て不同沈下しやすいので、対策が必要。

・モルタル塗り
一般にセメントや砂、水を練り混ぜたセメントモルタルを「モルタル」という。これを外壁などに塗り付けて仕上げる工法をモルタル塗りという。
一定の厚さ以上のものは、防火構造として認められている。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
  • ブログ
  • お問い合わせ

日本最大級の不動産・住宅情報サイト HOME'S(ホームズ)