2016.03.15

不動産用語Part126

 今日の不動産用語♪


・廊下
住戸内の廊下の幅は、1人が通行するには75cmほどあれば足りるが、車椅子が通るには90~95cmほどが必要となる。車椅子の使用など、高齢化社会に対応するため、ゆとりのあるメーターモジュールを採用するケースも増えてきている。

・陸屋根
ほとんど傾斜のない平らな屋根のこと。
ビルやマンションに用いられることが多く、屋上庭園などを設けることもできる。「陸」とは、水平、平坦を表す用語である。

・ログハウス
丸太を水平に組み上げて壁構造をつくる「丸太組構法」(ログハウス工法ともいう)で建てられた建築物のこと。素朴な雰囲気が人気で、リゾート地で別荘やセカンドハウスとして建築されている。また、自宅として建てるケースもある。丸太組構法(ログハウス工法)は、もともと北欧で生まれて北米で発達した工法で、皮をむいた丸太をそのまま使用する「ハンドカット」と、角ログ材という製材を使用する「マシンカット」の2種類がある。

・路地状部分
袋地から道路まで敷地を延長させた部分のこと。路地状部分の長さに応じて、一定の幅(自治体によって規定されている)で道路に接していないと、袋地に建物を建てることはできない。

・路線価
相続税や贈与税の課税標準になる土地の価格で、国税庁が公示価格や売買実例価格を参考にして決める。その土地が面している道路ごとに設定された、1.0m2当たりの1000円単位の価額(評価額)が路線価で、主に市街地の宅地などで採用されている。対して、郊外の宅地や農地などでは、固定資産税評価額に地域ごとに定められた倍率を掛けて相続税額を計算する「倍率方式」が採用されている。

・ロフト
本来は、物置用の屋根裏部屋のことだが、住宅でロフトというと、天井を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペースのことを指すことが多い。ロフトに上がるための専用のはしごが設置され、就寝スペースや子どもの遊び場、収納スペースなど多目的に利用できる。 

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«3月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
  • ブログ
  • お問い合わせ

日本最大級の不動産・住宅情報サイト HOME'S(ホームズ)