2016.03.24

不動産用語Part128

今日の不動産用語♪
とうとうやってきました!ラストです!


・和風住宅
特に決まった定義はないが、内外装のデザインや素材、設備の様式が日本風の住宅のこと。近年は、シャープな屋根形状や深めの軒、直線や格子を用いた意匠など、和風住宅のデザインを現代風にアレンジした「現代和風(和モダンともいう)」の人気が高い。

・和風モダン
外装に瓦や白壁、内装にむく材や白壁・珪藻土、さらに畳や障子、襖などの和テイストの建具・家具を積極的に取り入れたデザインのこと。
いわば和の伝統と欧米のモダンスタイルを融合させたもので、温もりがありながら、静けさや爽やかさをも追求したデザイン手法の1つである。

・割増融資
基本融資額に加えて受けられる融資のことで、旧住宅金融公庫融資に設けられていたが、住宅金融支援機構に移行すると同時に、原則として割増融資は廃止された。現在、住宅債権(つみたてくん)積立者や住宅積立郵便貯蓄の積立者で、一定の条件を満たす人を対象にして、割増融資が用意されているに過ぎない。例えば住宅金融支援機構の「マイホーム住宅融資」では、バリアフリー住宅工事や省エネルギー住宅工事等の割増融資があるが、過去に住宅債権等を積み立ててきた人に対する経過措置のため、やがては全面廃止されることになる。

・ワンルームマンション
専有面積が20m2程度で、洋室とユニットバス、小さなキッチンがコンパクトに設置してあるマンションのこと。単身者用の住宅、小さな事務所などに使われる。


以上で不動産用語全語が終了です!
長い間、お付き合いありがとうございました!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«3月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
  • ブログ
  • お問い合わせ

日本最大級の不動産・住宅情報サイト HOME'S(ホームズ)